<   2006年 01月 ( 24 )   > この月の画像一覧
0131 本日の状況
今日は足場組み。明日からシート養生、明後日高圧洗浄と本格的に工事が動き出す予定。
短期間に2階内装工事を行う必要があるので、余裕を持って検討箇所を確認する必要がある。

検討事項は以下の通りです。
1.2階床に対して置床工法の提案を受けたが、断熱性と遮音性を考慮して、従来検討していたネダフォームを採用することに決定。
2.キッチン配管は冷蔵庫部分を立ち上げて配管を洗面所トイレ方向へ取り回す。
3.エントランス周りの壁は床タイルの目地と壁の面を基準に。
4.エントランスとダイニング・キッチンの間の見切りは幅250mmぐらいか・・・。
5.20060126に指摘した振れ止めはR天井の邪魔のため切断を検討。

以下は本日の写真。

1.2階の給配水管は本日撤去。配管内の錆は少ない様子。
撤去前
f0041965_1557251.jpg

撤去後
f0041965_15575549.jpg


2.1階の天井。天井裏がどのようになっているのかわかりやすい写真。
f0041965_15593522.jpg


3.ALCの補修。黒いものはコンクリートボンド。必要のない換気扇の穴、スリーブをふさぐ。外壁の補修時にシーリングを打って完全に封鎖する。
f0041965_160569.jpg


4.3F屋上の防水工事は終了したもよう。今にも雨の降りそうな曇天。
f0041965_18444321.jpg

3Fテラスと階段周りの境目まで防水層撤去終了。境界線をシールしてある。
f0041965_18472359.jpg

[PR]
by moonbuilding | 2006-01-31 16:03 | 報告
幾つかの問題点
やはり問題発生。2階床のうねりが大きく断熱パネル床を敷くのが難しい、壁の補強アングルが邪魔でボードのボンド付けが難しい、など。仕様変更も検討しなくてはならない。期待している性能を維持しつつ、或いは設計意図を実現するために必要な寸法を確保しつつ、いかなる解決手段があるか、思案しどころ。とにかく現場へ行って確認する必要がある。
水平な床、垂直な壁という理念的な世界で設計していたことと、誤差が極端に存在する既存建物というリアリティのギャップに直面。ここでどう対応するか。
[PR]
by Moonbuilding | 2006-01-30 15:18 | 報告
0130引き続き防水工事、仮設足場組立
外壁周りに仮設足場を組立て始めました。隣家との隙間が狭いので段取りを確認しながら、敷地の奥、建物の西側から組立を開始しました。
f0041965_1456285.jpg

2階のエントランス前の防水層も撤去されました。下地のモルタルの手前まできれいに撤去するのはなかなか地道で根気のいる仕事のようです。
f0041965_14573845.jpg

換気扇の付いていた箇所が撤去後、穴となっていましたが、廃材のALCを切って嵌め込みモルタルで固定して壁を復元しています。そのためにALC版が一枚だけ捨てられずに残されていました。写真左下に残されたALC版が写っています。ベンチ代わりに残したのかと誤解していました。
f0041965_15319.jpg


外周部の工事と平行して、内部を大工さんが調査し現場監督さんにいろいろな質問を投げかけたようです。いろいろ難題が発生した可能性あり。
[PR]
by Moonbuilding | 2006-01-30 15:03 | 報告
0128防水工事
屋上に防水シートが張られました。シートが銀色なのは熱線を反射するため。端部はまだ処理されていないようです。
f0041965_14263365.jpg

シートの接着に使っているのはこのような接着剤とシーリング材
f0041965_14313623.jpg

3階の階段周りの防水層も撤去を開始しました。ベロベロと古びた防水層が剥がされていきます。
f0041965_14333935.jpg

剥がれにくい箇所はこのような道具を使って引きはがします。
f0041965_14343873.jpg

ユニットバス設置業者の方が輪郭、配管位置、支持脚位置の墨出しを行いました。
f0041965_1436452.jpg

こちらは1FのUB墨だし。窓との位置関係が重要
f0041965_14372948.jpg

[PR]
by Moonbuilding | 2006-01-30 14:38 | 報告
0129
本日は日曜日。工事は行われません。
今週は週の半ばで雨。その後は冬らしく寒くなるようです。工事する人も観察する側も寒いのは厳しい。
[PR]
by Moonbuilding | 2006-01-29 14:41 | 報告
屋上防水、UB打合せ
本日も快晴。防水日和。今日は防水工事をしてくれる職人さんが1名で来て3階屋上の工事を引き続きしていました。
f0041965_18211854.jpg

昨日までに既存防水層を全て撤去し、カチオン系の樹脂モルタルを塗る作業が行われたとのこと。
f0041965_18224784.jpg

本日の作業は、シートの密着を良くする為に不陸調整をしている、、、のだと思います。変成シリコーンのシーリング材(ペンギン2500)が置かれて、クレーパーでずっと掻き取る作業をしています。
f0041965_18251018.jpg

何しろ高所作業なので近づいて作業状況が確認できてません。

昨日の打合せで問題となった窓とユニットバスの関係について現場監督さんとユニットバス業者の方と打合せをしました。ユニットバスの現場施工業者の方は何だって出来るよ!と力強い発言。パネルの継ぎ目に開口部は難しいかな、とか窓の大きさがユニットをはみだす部分等、心配していた箇所を何とか出来ると診断。昨日の打合せで少々不安だった点がクリアされホッとしました。
2階UBの面する窓
f0041965_18414845.jpg

1階UBの面する窓
f0041965_1843326.jpg

窓の位置に合わせて浴室の位置が決まったので開口不可能となると大きな痛手でした。

職人さんにお茶と甘い物と思って用意しましたがやはり荒くれ者の職人さんには紅茶のティーバッグは似合わないということなのか、ノータッチでした。
f0041965_18453216.jpg

[PR]
by Moonbuilding | 2006-01-27 18:47 | 報告
打合せ20060126
2日間で完全に解体工事が終了し、3日目から屋上の防水工事と2階の墨出しが始まった。本日防水シートを貼る予定。

検討事項
1.1階及び2階のUBの開口部(現場で要調整)
2.2階洗面の両扉の納まり(つり戸は困難のため、枠とVレールで床の見切り)
3.2階寝室の据付家具の高さ(材料寸法を要連絡)
4.2階キッチン、洗面、トイレ扉の納まり(柱間に納まることを現場で確認)
5.外壁の水切り(ガルバリュームの見切り材を取り付けてから、防水モルタル)

2階も合わせて3月10日前後竣工予定。
f0041965_1235856.jpg



この材料はALC版の降れ止めのため、切除できない。内装工事の際に、邪魔になるか・・・。
f0041965_124893.jpg

[PR]
by moonbuilding | 2006-01-27 12:04 | 報告
26日、防水工事
本日は朝8時から防水工事。
昨日解体が終わりがれきを全て運び出した状態です。
f0041965_15261993.jpg

2階もきれいさっぱりしました。
f0041965_15274991.jpg

20年前の墨出し跡。床のモルタルに柱の跡が残っています。
f0041965_15291795.jpg

この先数日間は好天に恵まれそうなので防水工事にはうってつけと言えそうです。1時間ほど防水工事の職人さん達が現場調査を行い、年配の方2名が作業をする職人さん3名に指示を出し、9時過ぎから既存防水層の撤去を開始しました。まずは防水の縁を抑えている笠木(?)のような物をサンダーで切って撤去しています。高いところなので近づけずよく見えませんが。
f0041965_15333623.jpg

テレビのアンテナは作業の邪魔なので3階テラスに移動、その後足場が組まれたらそちらに取り付ける予定だそうです。
[PR]
by Moonbuilding | 2006-01-26 15:35 | 報告
撤去状況
昨日の撤去工事で3階の雨よけ庇がなくなりました。骨組みだけ残っていたのですが無くなると空が近く感じられます。
f0041965_1504119.jpg

初日、解体業者の職人がなんと8名集結。営業と社長(?)の方は指示を出して帰りましたが、総勢6名で猛烈に解体。本日も6名の職人の方が朝8時ちょうどから威勢良く残った壁を撤去しました。
f0041965_1545088.jpg

一階が一つながりの空間になりました。非常に長細い空間。
f0041965_1581052.jpg

一階のトイレは工事用のトイレとして残しています。オープンなトイレ。
f0041965_15105352.jpg

1階の窓に窓枠を付けるためALCとモルタルをカッターで切りました。
f0041965_15173724.jpg

2階も一つながりの空間になりました。2階はもともと住居でしたが全て取り払ってしまうと元々の空間が持っていたキャラクターが一変して分からなくなります。開口部のデザインが空間の出自を主張しています。
f0041965_15121934.jpg

木部の解体は初日にほぼ全て終了したので二日目は廃材の量もかなり少なくなっています。
f0041965_1519645.jpg

2階風呂場の解体。湿式でタイルが貼られていたのを撤去するとALCもかなり削れてしまい、傷跡のようで痛々しく見えます。
f0041965_15162797.jpg

現場監督さんも驚くスピードで解体工事終了。2日間で終わってしまいました。

後から気付きましたが電話線も撤去されてしまいました。2階の天井裏を経由して3階に繋がっていたようですが、跡形もなくなってしまいました。
[PR]
by Moonbuilding | 2006-01-25 14:58 | 報告
月ビル解体報告詳細
1.2階スラブに亀裂が入っているが、その位置が梁の上であるので問題ないだろうと判断。
f0041965_12315346.jpg

2.ブレースを一度切ってから、再度溶接した取り付けた箇所があった。当ビル建設時に天井高さを高く取り直したためか・・・。今回のリホームでは天井を貼る時に邪魔となるが、必要に応じてサンダーで切除する予定。
f0041965_1235312.jpg

3.2階浴室の窓。ALC版と窓枠の取り合い。この箇所だけ、枠に合わせていない様子。
f0041965_1236124.jpg

4.2階天井を合わせるために、元住宅部分の天井を残しながら解体。
f0041965_12374582.jpg

[PR]
by moonbuilding | 2006-01-25 12:38



月ビルの工事状況の報告
by MoonBuilding
カテゴリ
全体
報告
感想
発見
未分類
以前の記事
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
Underconstru...
House Aoba
Link
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧