0226 日曜日
本日は工事の無い予定だったが現場監督さんが来て2階キッチンの据え付けの調整を行っていった。ほんの数ミリ足りなくて現在使用している冷蔵庫が入らなくなる可能性があるため。
f0041965_11575286.jpg

[PR]
# by Moonbuilding | 2006-02-26 11:55 | 報告
0225 塗装、クロス貼り、1階収納
足場のとれた外観。強めの白い色の外観は町並みの中で比較的小さなボリュームの建物にふさわしい色だったのではないだろうか。
f0041965_23454055.jpg

2階収納家具の建具が塗装される。ステインの上にウレタン塗料を塗ってはサンドペーパーで平滑する作業を繰り返す。シナ合板フラッシュの扉だが良い質感となっていく。積層合板で作った収納本体が見劣りしそうなくらい。
f0041965_23112717.jpg

クロスに糊付けするための機械が置かれている。まず2階の寝室からクロス張りが開始される。
f0041965_2313420.jpg

寝室書斎の壁面はグレーのクロス。やや暗めの落ち着く空間となる。
f0041965_2316066.jpg

天井にもクロスが張られた。天井は細かいシルバーのドットプリントの入ったやや癖のあるクロス。パテの跡などが隠れると天井の曲面がよくわかるようになる。曲率がやや弱いかと心配していたが、やはりわずかでも曲がっていると空間の表現としてはかなり効いている。
f0041965_23224229.jpg

1階の玄関脇収納が作られた。これで北側の壁面が完成された。
f0041965_23261396.jpg

1階玄関の鉄扉は既存のものを使用するが、塗装する予定。今の段階ですでに既存の窓や扉がやや浮いて見える。塗装が完了した段階でどのように見えるだろうか。窓や扉など物として古びた建築要素をどのように表現の中に取り込むのかは難しい課題。
f0041965_23305214.jpg

2階エントランスの黒い天井。ここは黒に包まれた空間となる。3月は引越のシーズンで至るところで新築の竣工、賃貸のクロス張り替えなどが行われていてクロス屋さんはかき入れ時。今日中にクロス張りが終了しなかったので再度来てもらわなくてはならないが次はいつ手配できるか不明。竣工時期が遅れそうで心配。子供室はコルク張りの予定だが、当初使用予定だったコルク壁紙は在庫切れで入手出来ず余儀なくコルクシートへ仕様変更となってしまった。質感はコルク壁紙よりも良いのだが、クロス屋さんに天井には貼れないと言われてしまった。参った。
f0041965_23373330.jpg

2階ダイニングキッチンの窓枠も白く塗り直された。
f0041965_23401981.jpg

夜景。内部は見えないようにする予定だが、内部の光が漏れるだけでもシャッターの増え始めた町並みに暖かみが出るのではないだろうか。わずかなことだが変化のきっかけとなればと思う。
f0041965_23485695.jpg

[PR]
# by Moonbuilding | 2006-02-25 23:06 | 報告
0224 足場解体、建具塗装、クロスパテ打ち
仮設足場の解体。外壁と鉄部を塗装してくれた職人さんたち3人が次々足場を解体し長さを揃えてトラックに積み込んでいく。
f0041965_2245891.jpg

足場がなくなると空が広く見える。雨樋はさほど目立たずほっとする。ない方が見た目には良いが機能性を考えると妥協できる範囲ではないだろうか。
f0041965_22381894.jpg

2階子供室の建具の金具が取り付けられた。レバーハンドルはなかなか良い質感。
f0041965_22454520.jpg

1階にキッチンが搬入された。キッチン部分の天井を下げたことがメイン空間と分節するのに効いている。
f0041965_2246489.jpg

1階の作りつけ収納が着々と作られていく。壁と収納が塗装されると更に印象が変わってくるだろう。収納の有る無しで空間が分節されるが、その強弱がどのようになるか色次第。
f0041965_22513117.jpg

足場が取られた状態の夜景。壁面が白く平滑な面となったので開口部とのコントラストが強くなった。
f0041965_231383.jpg

[PR]
# by Moonbuilding | 2006-02-24 22:21 | 報告
0223 建具、クロスパテ打ち、雨樋
クロス張りとする部分のボードのパテ打ちが始まりました。塗装部分とは違う種類のパテを鏝でしごいていきます。コーナーには樹脂製のコーナー材を両面テープで取付けます。
f0041965_1842619.jpg

同時に建具屋さんが昨日搬入された建具の釣り込みを行います。引き戸がなかなか精度良く入らずかなり苦労していました。やはり建具がはいるとかなり印象が変化します。
f0041965_1863196.jpg

今回の2階の設計は細長い空間を輪切りにするように壁で分節し、部屋という単位を強く定義づけた上で枠を回した開口部によって接続するようコンセプトになっているので、やはり扉を閉めたときと開いた時の空間のまとまりというか閉塞感の落差が大きい。
f0041965_1871687.jpg

この段になって後悔することが多発し建具回りは検討が少なかったと反省。開き戸の丁番の選択は失敗。交換も考えなくてはならないかもしれない。
北側の傾斜屋根の下端に雨樋を取り付けています。この箇所は樋などない方が光の落ち方も形態としてもずっと良いのですが、屋根に降った雨が階段回りを水浸しにしてしまうので実用上つけざるを得ない箇所。しかも予算削減のあおりを食らって、樋そのものも節約されたデザイン。今回は外観は最重要テーマではないという苦渋の判断。
f0041965_18202039.jpg

1階は大工さん二人が造作と収納を製作中。家具屋さんの緻密に作られた美しい家具も良いが、作業場の様なSOHOとなる1階には大工さんの作る荒削り(精度はとても良い)のざっくりした家具が相応しい。開口部と柱のリズムが作り出す「空間の地形」をうまくトレース、パラフレーズ出来ているのではないだろうか。
f0041965_18251544.jpg

[PR]
# by Moonbuilding | 2006-02-23 18:01 | 報告
0222 鉄部塗装、養生シートはずし、1F収納、キッチン、建具到着
f0041965_812842.jpg
外壁の周囲を囲っていた養生シートがはずされた。晴れていたこともあり眩しいくらいに白い。中年の建物としては少々若作りしすぎたかもしれない。通りを通る人がちらちらと脇目に見ていく。やはり外観の変化はほとんど色を塗っただけでも街に対するインパクトがある。道路側は2層しかないので周囲の建物よりも小さく見える。それなりにかわいげがあるのではないだろうか。

鉄部の塗装を行う。下塗りの上に更に上塗り。ウレタン塗料。外壁と同じ色だが外壁とは異なり平滑な面に塗るのでつやが強調され、より明るく見える。
f0041965_814916.jpg


キッチンがあらかた据え付けられた。午後に建設会社のスタッフで機器類の設置を得意とする「多能工」が再度調整。夜に現場監督さんが更に調整。明日水道のつなぎ工事を行う。
やはりキッチンの存在感は大きい。キッチン正面のタイルを施工すればもう少し壁や天井と馴染んでくるとは思うが今の状況では小さな空間を支配している。
f0041965_818284.jpg


1階収納は朝に大工さんと相談してより作りやすいように設計変更。むしろ当初想定していた形に近くなったので良かったが。期待していた存在感がある。オープン収納だが部材を24mm厚の積層合板としたため小口の厚みもあり、全体としてボリューム感が生まれた。窓を囲う感じもとても良い。
f0041965_8222282.jpg


午後に建具が到着した。この後壁に併せて塗装やクロスが張られ、金具が取り付けられる。
明日はクロス屋さんが来てパテ打ちをする予定なので慌てて作り忘れていた2階のつり棚を大工さんに作ってもらった。
[PR]
# by Moonbuilding | 2006-02-22 08:07 | 報告
0221 1階PB貼り、2階システムキッチン設置
そろそろ1階のモルタルに乗ることができるはず。電灯をつけてどのようになったかを確認しようと思ったが、朝早くに養生されて既に作業場と化していた。
f0041965_2062323.jpg

ボードが張られていく。このままというわけにも行かないが何か少し寂しい。
f0041965_2073946.jpg

2階のダイニングキッチン。塗装が乾いたが期待していたほどには光沢が無い。キッチンとうまく調和するだろうか。天井照明がつくとまた印象は変わるだろう。天井懐の形状に合わせて天井が造形されたのでなかなか複雑な形状になった。白く塗ると抽象的な造形に見えてくる。
f0041965_20104173.jpg

[PR]
# by Moonbuilding | 2006-02-21 20:04 | 報告
0220 2階DK塗装
本日は雨模様。昼頃から本格的に降り始めた。
昨晩深夜まで作業をしていた1階カラクリート。期待以上に明るい色となりそう。
f0041965_1518264.jpg

床が白くなり約30mm上がるとやや空間が小さくなったように感じる。面の存在感が増したからだろうか、或いは床面と壁面がきっちり接するようになったことも効いているのだろう。
f0041965_1584342.jpg

2階のDKの塗装。キッチンの色と素材感と統一感が取れるよう、7分つやのでる外国メーカーの塗料を選択したが、うまく光沢が出て設備と調和するだろうか。ややピンクがかった白としたが現場用の白熱灯の照明だと色は良く分からない。
f0041965_15131967.jpg

照明位置はシンメトリーを強調するように配置した。
f0041965_15162484.jpg

[PR]
# by Moonbuilding | 2006-02-20 15:17 | 報告



月ビルの工事状況の報告
by MoonBuilding
カテゴリ
全体
報告
感想
発見
未分類
以前の記事
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
お気に入りブログ
Underconstru...
House Aoba
Link
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧