2階内観を数点
内観写真を数点。東側から。
総コルク張りの子供室。喘息持ちの子供のためにコルクを選択した。天井は普段ぶつかることもないので出隅もコルク壁紙で張ったのみ。ペンダント照明を選択したが少々暗かったかもしれない。コルクの質感と色味のある照明で暖かみのある空間。
f0041965_1740788.jpg

扉が二つある空間は面白く見える。観念的にはシンメトリーだが同時に両方を通過することは出来ないから経験的には非対称。
f0041965_17421286.jpg

子供室からDKを見る。黒いエントランス空間が枠として空間を縁取っている。
f0041965_17474671.jpg

北側の扉からDK方向を見ると枠が連なる。DK奥の扉が宙に浮いて見える。
f0041965_1755465.jpg

反対のエントランス側から。中央のピンライト照明が効いている。空調機用のコンセントと配管が見苦しい。
f0041965_17435212.jpg

玄関を見る。扉は白いがこれもシートを貼って黒くする予定。やり過ぎのような気もするが白のままではしっくりしない。
f0041965_1871320.jpg

寝室側から振り返って東側を見る。照明の点灯の仕方でも見え方が変わってくるだろう。
f0041965_1757304.jpg

寝室と書斎の空間を分節する収納の上に設置した間接照明の効果は何とも言えない。やはり床が上がって天井との距離が取れなかったため、光の拡散が足りないのかもしれない。
f0041965_1811248.jpg

寝室書斎空間の中央にそびえる収納。小さな空間に蛍光灯の間接照明を使うと宇宙船のような感じになる。
f0041965_183968.jpg

明日はプロのカメラマンが撮影する予定なので素人写真はこの程度とします。
空間の構成はかなり強くはっきりしているので生活が始まったときどのように見えてくるのかが非常に楽しみであり不安。
[PR]
by Moonbuilding | 2006-03-07 18:10 | 報告
<< 0308 写真撮影、階段防水 0307 撮影延期、1階塗装、... >>



月ビルの工事状況の報告
by MoonBuilding